資格の難易度ランキング一覧と独学で合格する方法

最新の資格難易度・偏差値ランキング一覧です。資格の概要や年収、独学による学習方法なども紹介しています

*

理学療法士の難易度・合格率・年収、独学での学習方法とは

   

理学療法士

リハビリ系の専門職「理学療法士」とは

身体に問題を抱えている人の指導にあたるのが、理学療法士であり、リハビリ系の資格としてはかなりメジャーなものでもあります。

例えば脳梗塞などによる後遺症から、下半身麻痺になったり、身体の一部が動かなくなってしまったりという悩みを抱えている人は少なくありません。

また、高齢者になると、身体が思うように動かず、なかなか外出などもできなくなり、結果的に寝たきりになってしまうと言うケースもあります。

そのため、運動系のデイサービスなどに通ったり、病院のリハビリ室に行く患者が多く、理学療法士が必要となります。

街並み

どうやって資格を取得するの?

資格を取得するためには、大学・短大・専門学校などの養成校で3年以上学び、必要な知識と技術を身につけなければいけません。

資格試験の合格率自体は90%以上と、非常に高い合格率であり、まじめに勉強すれば誰でも合格できる難易度といえるでしょう。ただし、受験資格を得るために通学する必要が有るため、別の意味で資格取得のハードルがあるといえます。

理学療法士の資格があれば、医療機関のほか、リハビリ系の施設、訪問リハビリサービスなどでも働くことができて、働き方はさまざまです。

最近では、社会人として働いていても、途中から専門学校や大学などに進学して、国家資格を取得し、転職などをする人も多いようです。

その理由としては、仕事が上手くいかなくても、医療系の専門職であれば比較的働き口が見つけやすく、人生の再スタートにうってつけだからです。

動機は少々不純であったとしても、人のために役に立ち、なおかつ自分も食べていけるのであれば、それはそれで素晴らしいことだと思います。

また、現代は超高齢化社会とも言われているため、医療や介護の資格に対する需要は非常に高く、今後も社会的・政策的な追い風が多いに期待できるといえます。

合格率や収入はどれぐらいか?

年収は、就職先や勤務年数にもよりますが、大抵のところは300万~500万くらいです。

理学療法士は、専門学校などで学んだ後に国家資格を受験しますが、ほとんどの学校では、合格率も90%以上となっています。勉強することも多く、実習などもありますが、合格率を見れば難易度は簡単な部類に入るといえます。

ただ、受験資格を得るために3年以上の通学が必要であるため、独学では資格取得ができません。また、通学のための多額の費用が発生するため、最近では働きながら夜間に通学できる学校も増加しています。

 - 国家資格, 難易度E

バージョンM