資格の難易度ランキング一覧と独学で合格する方法

最新の資格難易度・偏差値ランキング一覧です。資格の概要や年収、独学による学習方法なども紹介しています

*

宅地建物取引士の難易度・合格率・年収、独学での学習方法とは

      2015/12/19

勉強する女の子

宅地建物取引士の概要

なにかしら資格を取ろうと思ったときに、まずはじめに手をつける人が多いのが宅地建物取引士(いわゆる「宅建」)です。

不動産屋では一定割合で資格者を確保する必要が有るため、一定の需要は必ずあります。そのため不動産業界では登竜門的資格となっています。

これまでは「宅地建物取引主任者」という名称でしたが法律の改正で「宅建士」と、士業にに格上げになりました。したがってステータスの向上が見込まれます。

試験科目も民法宅建業法その他の行政法規ということで、よくもわるくもつぶしのきく資格です。

大学生でもこの資格を持っていると、大学生活でまりとまじめに勉強したんだなと採用者の見る目がちょっと変わることでしょう。

他の上位資格(行政書士・司法書士・弁護士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・公認会計士など)と試験科目が大なり小なり重複するものも多いため、大型資格の足がかりとする人も多いようです。

難易度は標準的

宅地建物取引士は最もメジャーな資格であり、すべての指標と成るような資格であることから、この難易度を標準的とします。

普通の人が頑張れば取得できるレベルです。勉強時間は200時間程度だと言われています

合格率は15%程度

問題はすべて4肢択一式で全50問。合格率は15%程度となっています。

勉強期間は3~6ヶ月を予定しましょう。

街並み

資格の抜け道がある

財団法人不動産流通近代化センターが行う講習の課程を修了すると、5問免除が受けられます。

学力に自信がない人には素晴らしい制度であるといえます。

しかし、残念ながら宅地建物取引業界の人間でないとその講習は受けられないこととなっています。

独学での学習方法とは

宅建は人気資格だけあって、大量に参考書や各予備校の講座が用意されています。

当然独学でも十分に合格できる難易度であると言えます。

しかしここが落とし穴です。

本のみを買うと、ある程度勉強に自信がある人でさえ嫌になり、かなりの確率で挫折しちゃいます。

一般的に「入門向け資格」と言われる宅建や測量士補というのは、普段あまり勉強なれしていない業界初学者が多くいます。そのような初学者にとって勉強の開始時の抵抗は非常に強いものがあります。

そこで動画付きの教材を入手することを強くおすすめします

これを”独学”といっていいのか微妙ですが、費用対効果を考えればもっとも正解に近い選択でしょう。

おすすめはTACの「スッキリわかる宅建士」と「講義DVD」です。

Web講義だと受講期間が終われば視聴できなくなりますが、DVDだと資産として手元に残るところも◎です。

 - 国家資格, 難易度C ,

バージョンM